痛車の作り方

オタク文化の一つとも言われている痛車。現在では大きなイベントを開催する程の大人気のサブカルチャーへと進化しています。
今では一般的な乗用車だけに痛車を施すだけではなく、ランボルギーニなどのスーパーカーまでもが痛車へと変身を遂げている事もあります。
だけど、痛車は一体どうやって製作されていくのでしょうか。痛車の製作方法はいくつかあります
が、もっともお手軽に車を痛車に仕上げるならばステッカーでの製作が初心者には向いているでしょう。
業者に依頼するのも簡単できれいに痛車を製作できます。
まずはどのキャラクターを車に貼り付けるか画像を探します。好きなキャラクターを自分自身で描いたりするのも良いですが持っているグッズや設定資料などをスキャンして製作していく方法もあります。
素材が決まったら次は痛車のデザインを考えていきましょう。車のどの部分にどういう風に貼り付けていくのかなどを考えてみましょう。
初めて痛車を製作する人などは、インターネットなどで様々な痛車のデザインを見て参考にするのも良いでしょう。
業者に依頼してる場合は、業者側がデザインを受け持つ業者もあるので相談してみても良いかもしれません。
デザインが決まればステッカーを作成します。この時にステッカーの素材は、耐水性で耐光性に優れている素材で作成しましょう。
そうでないと雨などの水で破れたり、日光での日焼けで色が落ちていったりして残念な事になりかねないので気をつけましょう。
作成が完了したらいよいよステッカーを自分の車に貼り付けます。自分で行う場合は、貼り付ける前に十分に埃や油などを取り除いておきましょう。
そして全体を一気に貼り付けるのではなく、半分だけなどにして丁寧に貼り付けていきましょう。
貼り付けが完了すればついに念願の痛車の完成です。