痛車とは

痛車レース参加痛車(いたしゃ)とは、車のボディ部分に好きなアニメのキャラクターやゲームのキャラクター、もしくは好きなロゴマークなどをデザインしてステッカーなどを貼り付けている車を痛車と呼びます。見ていて痛々しい車という言葉から来ている事と、イタリア車の「イタ車」の語感を掛け合わせたシャレであるとも言われています。

痛車は最初、知っている人達だけでの隠語の様な言葉でありましたが、雑誌やテレビなどのメディアや、インターネットなどで放送された映像が世間に広まっていき知られていくようになりました。今では全国の痛車が集まるイベントやオフ会という同じ趣味同士が集まる交流会などが行われており、サブカルチャー関係のイベントなどでも痛車がたくさん停車しているコーナーなども設けられ始めオタク文化にもなっていきました。現在では、痛車だけではなく、原動付自転車を痛車の様に施してある痛単車(いたんしゃ)なども出てきました。

また、痛車などの一般的な乗用車だけではなく、鉄道会社がアニメとコラボレーションをして、広告活動などの名目でキャラクターが車両のところどころにいるデザインをしたラッピング電車なども走行しており、痛電車(いたでんしゃ)とも呼ばれたりするそうです。痛車のルールは特になく、車の大きさや種類などは特に関係がなく、全国にはオリジナルのデザインに施された痛車がたくさんあります。痛車をデザインする時に使われるキャラクターは美少女のキャラクターが多く、いわゆる「萌え系」と呼ばれるようなキャラクターデザインが多いです。

男性向けの作品関連の痛車が多いですが、たまに女性向けの作品のキャラクターもあります。他にも二次元に限らず好きな声優や芸能人のデザインの痛車などもあったりしますが、肖像権の侵害にあたるため自粛を求められているので稀なデザインです。痛車は外のボディ部分にそれぞれ個性あるデザインを施していきますが、強いこだわりを持つ人などは痛車の内装にも力を入れており、内装の天井部分や座るシートにまで好きなキャラクターを施したり、ドアの開閉する時にキャラクターのボイスが流れる仕掛けを施す人もいます。

また、美少女ゲームの作品を販売しているゲーム会社が、痛車を製作する用のキャラクターなどの素材を提供している所もあり、痛車は日々様々なデザインが輩出されてきています。そして、痛者は日本だけが知っているオタク文化ではなくなり、海外からも注目を浴びています。もはや痛車は日本だけで留まっていないオタク文化へとなっています。